Space Business Journals

新着記事

宇宙での食事情の進化

人類史上初めて宇宙で食べ物を口にしたのは、1961年8月、旧ソ連のボストーク2号に搭乗し、1日ちょっと宇宙に滞在したゲルマン・チトフ飛行士です。この頃は、歯磨きチューブのような容器に入った野菜ペーストなどでした。

太陽風の影響

太陽風とは太陽から吹き出すプラズマ(電気を帯びた希薄なガス)の流れのことです。太陽風の変動は地球でのオーロラの原因となるとともに、磁気嵐を引き起こして人工衛星に障害をもたらすこともあります。

宇宙服に関するあれこれ

世界最初の宇宙服は1931年、ソビエト連邦によって開発された「スカファンドル」だと言われています。 その後ソ連は開発を続け、オーランシリーズと呼ばれる宇宙服を2009年までリリースし続けています。

宇宙ビジネスを題材にしたアニメ

主人公ハチマキ(星野八郎太)はサラリーマン。 宇宙ステーションでデブリ(宇宙ゴミ)回収を仕事にしている職業宇宙飛行士だ。 自分の宇宙船を手に入れるため、 同僚のユーリやフィー、 新人のタナベとデブリを回収する日々。

宇宙ステーションを題材にした映画

国際宇宙ステーション(ISS)で働く各国から集められた6人の宇宙飛行士。彼らは火星探査機が持ち帰った土壌サンプルを回収することに成功した。サンプルを宇宙生物学者が分析すると「地球外生命体の存在を示す細胞」が発見された。